白髪染めで最高のクチコミ
ホーム > 注目 > オープンハウスのために外泊

オープンハウスのために外泊

通常通り不動産売却をするとなったら、不動産会社に掛け合っていくところから始まります。

 

次に、物件の評価が慎重に行われ、それに基づく査定額の提示があり、どこかの不動産会社を相手に媒介契約します。

 

不動産会社は物件の宣伝を始め、結果、購入を求める人が出てきたら、合意に至るまで価格交渉をしてから売買契約し、買主からの支払いが確認できたら抵当権を抹消する手続きに入り、立ち退きを済ませて物件を買主に引き渡します。

 

不動産売買の契約書は課税文書の一種ですから、印紙代を負担しなければなりません。

 

印紙税額は契約書に記載された金額によって決定するため、売価次第で数十万円に上ることもあります。

 

しかも、契約書が売主側と買主側でそれぞれ作成された場合は、一通ごとに印紙を貼り付けなければなりません。

 

ただし、この時は先ほどの基準とは別の段階別税額が定められていますから、気を配っておきましょう。

 

建築済みの新築や中古の一戸建て、オートロックマンションの内部などを好きなように見ることができるのがオープンハウスの利点です。

 

音、採光、近隣環境なども同時にチェックできますし、もし家を売るとなったら何日間かオープンハウスを開催して関心を持ってくれた人たちに見学してもらうというのはいかがでしょう。

 

現在居住中の住宅の場合は、オープンハウスのために外泊することもあるようですが、売り手が生活感が出ている家を気恥ずかしく思うのとは裏腹に、買いたいと思う人はそこでの暮らしをイメージしやすいというメリットがあるのです。

treasurydirect.mobi